fu-house

設計主旨

背景・敷地状況 今計画は、桐ダンスの製作工房とそのショールーム、及び親子二世帯の住居スペースからなる。施主は家業である伝統的な桐ダンスを扱う関係から、新しい建物では現代的な「和」のイメージが求められた。併せて親/子世帯それぞれに可能な限り広い庭スペースと、明るく開放的な生活が楽しめる空間を要望された。敷地は鹿沼市の中心地にほど近い区画整理地内にあり、周辺一帯は道路の位置変更に伴い、街区全体に建て直しに工事が行われているところである。隣接する建物の状況が一切分からない状態での計画のスタートとなった。

配置・平面計画 1階は、東側の接道を手掛かりに、敷地を東西に仕事エリアとプライベートエリアに分け、間を二枚の格子建具で仕切った。南北軸においては、塗装工程上日当たりが必要な工房と庭を南側に設け、北にショールーム、ピロティと親世帯の居室を配置した。2階は工房上部の広いテラススペースをL型に囲むように諸室を配した。1階工房の天井の高さを利用して、2階床レベルに段差を設け部屋の性格を分けている。この段差は、間にある階段を挟んで下階の気配を居間に伝えることに役立つ。また階段両側に2重の引込み建具を配することで、中間期の家族空間の一体感、来客時や空調効果に対しても配慮している。

意匠イメージ 建物全体を黒い立ハゼ葺の板金で覆った。特にファサードは、ひとつの大きな建具のように扱い、板金の太いボーダーと細い線材が織りなす陰影、アルミ格子、フロストガラス等を組み合わせることで、「和」空間の持つ質を 金属材を用いて抽出してみようと考えた。また、庭を囲むL型面に接するH型鋼の柱は全て銀色の板金で巻き込み、これも連続するアルミサッシュと一体化した大きな建具面として扱った。一枚の薄い板金を巻き込み繊細な表情を持たせることで、構造材の強さは大きく薄れる。和室空間が持つような、華奢な建具により柔らかく隔てられた内部/外部の関係が表現できると思った。1階の客間や和室には、施主が先代や先々代から受け継いだ、紫檀、タガヤサンの床柱や組子の建具、天井板などを加工して再利用している。家という容れ物は新しく変わっていくが、代々引き継がれる家業と同様に、家に纏わる記憶の形象は受け継がれるべきだと思ったからである。

構造計画 建物全体の構造形式としては、均質に175㍉角のH型鋼の柱と梁背350㍉のフレームで構成された、立体ブレース付ラーメン構造としている。2階ボリュームをブレースで固めることで、ピロティ上部の約10メートル四方の持ち出しを、軸力のみを受ける4本の柱で受ける構成になっている。この並列した柱に分けることで、構造材としてではなく、ショールーム背面の建具の一部として見せようと思った。全体に、構造フレームをそのまま構造材として見せるのではなく、化粧材や建具のスケールになるように分解したり、板金などの別の表層を纏わせたりと、構造と表層の問題が曖昧になるように操作を加えた。結局それが木造などに見られるような構造材も化粧材も同じ木で作られているような、区分しがたい曖昧な関係が作り出せると思った。和室空間の内外の曖昧な関係性や、柔らかさというのはそういうところに由来するのでは無いだろうか。

押尾章治

設計/押尾章治/UA

所在地/東京都世田谷区
主要用途/専用住宅
家族構成/夫婦+子供3人
構造 鉄筋コンクリート壁式構造
地下1階 地上2階 ベタ基礎
敷地面積 100.39m2
建築面積 53.107m2
延床面積 99.05m2

Comments are closed.